週間予報 日曜~月曜は大荒れの恐れ 急な寒さにも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 日曜~月曜は大荒れの恐れ 急な寒さにも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


日曜~月曜は、西・東日本を中心に雨や風が強く、急に冬コートが必要な所も。来週は、全国的にこの時期にしては気温が低くなりそうです。

11日土曜 雨の降る所は?

この週末、11日土曜は、寒気の影響が残るので、北海道や東北は日本海側を中心に、引き続き大気の状態が不安定でしょう。雨や雪が降りやすく、局地的にカミナリが鳴りそうです。落雷や突風、ひょうなどに注意が必要です。

一方、西からは、まとまった雨雲が近づくでしょう。九州や四国は、夜は所々に雨雲がかかりそうです。関東も午後は天気が変わりやすく、急な雨にお気をつけ下さい。

12日日曜 雨や風が強まり始める

12日日曜は、九州から近畿の太平洋側を中心に雨で、ザッと雨脚の強まる所もあるでしょう。沿岸部を中心に、風も強まりそうです。

今回、雨を降らせる低気圧は、西から寒気を引きずり込むので「発達しやすく」「割とゆっくり進む」のがポイント。ただ、低気圧のコースやスピードによっては、雨や風の強まる所やタイミングが変わり、13日月曜にかけて、大荒れや大しけ、大雨になる恐れがあります。最新の予報を確認して下さい。

13日月曜 大荒れの恐れ 寒さにも注意

13日月曜は、荒れた天気のエリアが東へ移るでしょう。太平洋側の荒れた天気のエリアは、午前中は中国、四国や近畿が中心で、午後は東海や関東、東北南部にシフトしそうです。

雨や風が強まるだけでなく、気温がグンと下がるので、季節が逆戻りして「冷たい雨」になりそうです。九州から関東でも、冬のコートが欲しいくらいでしょう。冷たい雨に濡れて、体を冷やさないよう、注意が必要です。

さらに、今回は「気温の低い状態で、低気圧が進んでくる」のがポイント。そのため、関東甲信や東北南部の標高の高い所では、冷たい雨から雪に変わるでしょう。雨や雪の降る量や、どこまで雪になるかは、まだ予報にブレがありますが、4月とはいえ、峠を越える車は、まだ雪による路面状況の変化などに、十分お気をつけ下さい。

来週 全国的に低温傾向

そして、来週火曜以降は、日差しのでる日が多いでしょう。ただ、天気が回復しても、全国的に、この時期にしては気温が低い予想です。晴れる日は、朝晩と日中との「気温の差」が大きくなりますので、服装で上手に調節して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい