10日 4月なのに雪の降る所も 太平洋側は貴重な晴天 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10日 4月なのに雪の降る所も 太平洋側は貴重な晴天

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


10日金曜は、日本海側は大気の状態が不安定。太平洋側は空気の乾燥に注意。全国的に風が冷たいので、風を通しにくい服装が良さそうです。

【天気のポイント】日本海側と太平洋側の注意点

10日金曜は、日本付近は寒気の影響を受けるでしょう。そのため、天気のポイントは2つ。

ポイントの1つめは「日本海側は、大気の状態が不安定」ということです。北陸から北は日本海側を中心に、雨や雪が降りやすく、大気の状態が不安定なので、局地的にカミナリが鳴りそうです。落雷や突風、ひょうに注意が必要です。

この時期にしては寒気が強いので、北海道は平地でも雪の降る所がありますが、本州の雪は標高の高い所が中心で、大雪になることはなさそうです。午後は、雨や雪は次第にやんで、晴れ間も出てくるでしょう。

もう1つのポイントは「太平洋側は、空気の乾燥に注意」ということです。関東から西の太平洋側は、広い範囲で晴れて、空気がカラカラに乾くでしょう。火の元の確認を忘れないで下さい。

ただ、空気が乾くということは、洗濯日和です。部屋の窓を大きく開けて、空気の入れ替えをするにも良いでしょう。関東から西では、あす11日土曜以降、雲が増えて、来週前半にかけて曇りや雨になりますので、きょうの日差しを有効にお使い下さい。

【気温のポイント】全国的に風が冷たい

最高気温は、北陸から北は平年より低く、3月中旬並みの所もあるでしょう。関東から西は平年並みの所が多いですが、「風が冷たい」というのが気温のポイントです。

日中も、全国的に北よりの風が強めに吹くでしょう。風速が1メートル強まると、体感温度は1度下がると言われています。実際は、気温の数字よりも寒く感じられますので、風を通しにくい服装を選んで、体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい