最高気温の差は洋服5枚分? 南は「夏日」に迫る所も 北は「真冬日」か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

最高気温の差は洋服5枚分? 南は「夏日」に迫る所も 北は「真冬日」か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


9日木曜は、南と北で気温差が大きくなりました。気温が5度違うと洋服1枚分に相当すると言われていますが、南と北では、最高気温は、洋服5枚分くらい違いました。

沖縄は 「夏日」一歩手前の所も

9日木曜日は、関東から西では季節を先取りした暖かさが続きました。15時までの最高気温は、沖縄県の南大東空港で24.1度、与那国空港で24.0度と、「夏日(最高気温25度以上の日)」に迫るほどでした。

東京は、午前中ほど日差しがたっぷりで、南よりの暖かい風も吹き、最高気温は2日連続して20度を超えました。

北海道は 「真冬日」続出か

一方、上空には寒気が流れ込んでいるため、北海道は昼間も冷たい空気に包まれました。9日15時までの最高気温は、北海道北見市留辺蘂(るべしべ)で氷点下1.5度、遠軽町白滝で氷点下0.9度など、北海道の16地点で、0度未満でした。

最高気温が0度未満の所では、このまま24時まで気温が上がらないと、「真冬日(最高気温が0度未満の日)」になるでしょう。今夜にかけては、気温が低いだけでなく、北風の冷たい状態も続きますので、寒さで体調を崩さないよう、十分お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい