週間 週明けは南岸低気圧 広く雨 標高の高い所は雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 週明けは南岸低気圧 広く雨 標高の高い所は雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


北海道や東北、北陸はあす10日(金)の昼頃まで雨や雪が降るでしょう。13日(月)から14日(火)頃は本州の南の海上を低気圧が進むため、西日本と東日本を中心に天気が崩れる見込みです。標高の高い所では雪の降る所もありそうです。冬物が必要なほどの寒さの所もあるでしょう。

あすの天気

あす10日(金)は上空に真冬並みの寒気が流れ込みます。北海道は朝まで雪や雨の降る所がありそうです。次第に天気は回復するでしょう。北陸と東北の日本海側も昼頃まで雨や雪が降り、雷を伴う所がありそうです。太平洋側は午後を中心に晴れるでしょう。関東は日中は晴れる見込みです。東海から九州も昼頃まで広く日差しが届くでしょう。次第に雲が広がりますが、天気の崩れはなさそうです。ただ、北よりの風が次第に強まりますので、強風や高波にご注意ください。最高気温は全国的に平年並みか平年より低いでしょう。関東から九州は15度前後になりそうです。北よりの風がひんやり感じられるでしょう。

あさって以降の週間天気

あさって11日(土)以降、西日本から雲が多くなりそうです。13日(日)から14日(火)頃にかけて、本州の南の海上を低気圧が東に進むため、西日本から東日本を中心に天気が崩れるでしょう。北陸や甲信、関東の標高の高い所では雪の降る所もありそうです。最高気温は関東から九州でも15度に届かない所もあり、雨が降ると寒く感じられそうです。東北や北海道も晴れる日が多いものの、気温は平年並みか少し低いくらいでしょう。冬物の出番はまだありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい