週間 晴れる日が多いが 春の歩みは足踏みか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 晴れる日が多いが 春の歩みは足踏みか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


この先は、ジワジワと寒気の影響を受けやすくなる見込みです。金曜日からは晴れても空気がヒンヤリ。来週は、冷たい雨が降る所もありそうです。東北南部までは、いつもの年よりも早かったサクラの便りですが、季節の歩みが少し足踏みしそうです。

あすの天気と気温

あす(8日:水)は、山陰と北陸、東北、北海道では雨の降る所があるでしょう。低気圧や前線が日本海から東北地方を通過する影響です。北海道では、雪まじりになることがありそうです。大気の状態が不安定になるためカミナリが発生する所があります。落雷の可能性があり、突風が吹く恐れがありますから、特に、野外作業がある方は、ご注意下さい。

関東から東海、近畿と山陽、四国、九州、沖縄では、日中は晴れる所が多いでしょう。最低気温は、平年並みの所が多く、きょうと同じくらいの所が多いでしょう。最高気温は、平年並みの所が多く、きょうと同じくらいになりそうです。

あさって(9日:水)からの天気と気温

あさっては、晴れる所が多い見込みです。あす本州の日本海側や北海道に雨や雪を降らせる低気圧が東に離れ、大陸から高気圧に覆われてくるため、広い範囲で晴れる見込みです。

10日(木)からは、引き続き大陸からの高気圧に覆われますが、この時期としてはやや強めの寒気が流れ込んできます。さらに、12日(日)からは日本の南に前線が停滞しやすくなると考えられます。このため、北海道から本州の日本海側では雲が広がりやすくなるでしょう。本州の太平洋側や四国、九州では晴れる日がありますが、前線の影響を受ける12日を境に雲が広がりやすくなって雨が降る日もある見込みです。気温が、あまり上がりにくくなるのがポイントです。(冒頭の図では、広範囲で天気マークの背景が、ブルーになっていることに、ご注目)

沖縄では前線が停滞しやすい日が多くなるため、曇りや雨の日が多くなるでしょう。気温は、来週に平年より低めの気温が予想されます。沖縄では「うりずん」と呼ばわれ、梅雨入りを前に初夏の日差しと陽気の日が多い時期ですが、今年は様相が異なりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい