九州 4月は雨のスタート 桜雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 4月は雨のスタート 桜雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あすから4月が始まりますが、九州は雨のスタートになる見込みです。発達する低気圧の影響で、九州は各地でまとまった雨が降り、海上や沿岸を中心に北よりの風が強まるでしょう。ちょうど桜の咲いている所が多く、桜の花に降り注ぐ「桜雨」となる見込みです。

4月1日はまとまった雨と強い北風

あす4月1日は、低気圧が発達しながら四国から本州南岸を東へ進むため、九州は午前中を中心に各地でまとまった雨が降る見込みです。

また、大陸から張り出す高気圧との間で気圧の傾きが大きくなるため、九州は海上や沿岸を中心に北よりの風がやや強まるでしょう。大分県や九州南部の沿岸海上はうねりを伴い波が高くなる所があります。船舶は強風や高波にご注意下さい。

桜に降り注ぐ雨

九州の気象台の標本木のソメイヨシノは、先々週末から次々と開花しています。まだ、開花が観測されていないのは鹿児島市のみです。

桜の花に降り注ぐ雨を「桜雨」と言います。あすの雨や風では桜の花が散ってしまうことはなく、この雨がさらに桜の開花を促してくれるでしょう。雨のあとは、満開の便りが届く所が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい