関東周辺 季節外れの大雪 満開のサクラに雪の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東周辺 季節外れの大雪 満開のサクラに雪の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


本州の南を進む低気圧や寒気の影響で、関東周辺を中心に雪や雨で、真冬並みの寒さの所も。天気が回復する所も、北風が吹いて、風の冷たさが残る所が多くなりそう。

29日 全国の天気 青空のサンドイッチ

29日(日)は、雲の多い天気ですが北海道から東北北部と近畿から九州沖縄では晴れ間があって、青空が列島をはさみ込みます。

【北海道から東北北部】

大陸育ちの移動性高気圧に覆われるでしょう。午前中は雲が広がる所がありますが、夜にかけて晴れる所が多いでしょう。日中は澄んだ青空で、夜は星空がくっきりと見えそうです。空気が乾燥する所が多くなりますから、火の取り扱いやお肌のカサカサに、ご注意下さい。

【東北南部から関東と東海や北陸】

午前中を中心に雪や雨の降る所が多いでしょう。本州の南を東進中の低気圧や、この時期としては強い寒気の影響です。昼頃にかけて雪や雨の所が多く、雪が降る所では、水分の多い湿った雪になるため、積雪が一気に増えたり、電線や樹木に着雪することがあります。切れた電線には近づかず電力会社などに知らせましょう。樹木の枝が折れた所を車で通るときは、車線変更の際、左右や後方の状況に、ご注意下さい。大雪注意報や大雪警報など、お近くの気象台からの気象情報にも、ご注意下さい。

【予想降雪量】

関東甲信越地方で、あす(30日)朝6時までに予想される降雪量は(いずれも多い所で)、関東北部の山沿いで20センチ、甲信(山梨、長野)で15センチ、関東北部の平野部と箱根から多摩地方や秩父地方で10センチ、関東南部の平野部で5センチです。

東京や横浜、熊谷、前橋では、きのう(28日)までにサクラが満開になっていますが、サクラに雪の光景を目にする方もあるでしょう。

また、福島県の中通りと浜通りで、今夜6時までに予想される降雪量は(いずれも多い所で)、山沿いで15センチ、平地で10センチです。福島市では、きのうサクラの開花が発表されたばかりですが、こちらも花冷えです。

【近畿から九州】

低気圧が離れるのに従って天気は回復傾向です。近畿でも、朝のうちは雨の降る所がりますが、日中は次第に回復して日が差す所もあるでしょう。 四国、中国や九州では朝晩を中心に雲が広がりますが、日中は晴れる所が多くなる見込みです。

【沖縄】

低気圧から西に延びる前線の北側になるため、雲の多い天気ですが、前線が離れるにつれて日が差すようになるでしょう。

29日 最高気温 広く平年並み 関東周辺は真冬の寒さ

低気圧の周辺では、この時期としては強い寒気が流れ込んでいます。影響が特に強く現れるのが、福島県や静岡県を含む関東周辺です。こちらの最高気温は、10度前後の所や10度にもに届かない所、5度にも届かない所があるなど真冬並みの寒さで、花冷えというには寒すぎる一日になりそうです。暖かくしてお過ごしください。お買い物など近所に行く際は、もちろん冬服でお出かけ下さい。

北海道から東北北部では6度から10度くらいの所が多いでしょう。大陸育ちの高気圧に覆われますから、晴れて日差しがあっても、多くの所が平年並みの気温です。北陸や山陰では10度前後。東海、近畿では15度前後の所が多いでしょう。きのうと同じか低い所が、ほとんどです。天気は回復傾向ですが、気温の上がり方は、いま一つになってしまうでしょう。山陽や四国、九州は15度を超える所が多いでしょう。北よりの風が吹くため、風が通る所ではヒンヤリと感じますが、風が澱む陽だまりではポカポカと感じられそうです。沖縄では、20度を超えますが、平年並みの気温です。こちらも吹く風は北よりで、強まることがあって、きのうよりも肌寒さを感じます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい