九州に発達した雨雲 激しい雨も 近畿周辺は夜ピーク 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州に発達した雨雲 激しい雨も 近畿周辺は夜ピーク

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう27日は、九州で1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所があります。発達した雨雲は東へ移動しており、夕方から夜は四国や近畿、東海でも雨脚の強まる所があるでしょう。

長崎県で激しい雨

きょう27日は、前線を伴った低気圧が日本海を進んでおり、日本付近には暖かく湿った空気が流れ込んでいます。九州から東海、北陸にかけては所々で雨が降っており、九州北部には発達した雨雲がかかっています。所々でどしゃ降りの雨となっており、長崎県佐世保市では1時間に49.5ミリの激しい雨が降りました。また、長崎県平戸市でも1時間に42.5ミリを観測し、3月1位の値を更新しました。この時期としては雨の量が多くなっており、長崎県壱岐市の芦辺では午前8時半までのわずか6時間で雨量が100ミリを超えました(3月1位)。

四国~東海 帰宅時に雨ピーク

この発達した雨雲はゆっくり東へ進んでいます。九州北部では昼過ぎにかけて激しい雨が降るでしょう。局地的には視界が悪くなるほど非常に激しく降りそうです。また九州南部は夕方にかけて激しく降る所があるでしょう。中国、四国は夜にかけて、近畿や東海も夕方から夜は雨のピークとなり、雨脚が強まりそうです。局地的には道路が川のようになるほど激しく降るでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい