九州 局地的に非常に激しい雨 土砂災害に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 局地的に非常に激しい雨 土砂災害に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


27日(金)の九州は、対馬海峡から日本海に延びる前線に向かって暖かく湿った空気が入り、大気の状態が非常に不安定になっています。九州北部地方は昼過ぎにかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。土砂災害などに警戒して下さい。

活発な雨雲、九州を南下

九州は、きのう26日(木)から広い範囲で雨となっており、昨夜から活発な雨雲が九州北部へかかっています。きょう27日(金)午前、1時間雨量は長崎県の佐世保市で49.0ミリ、壱岐空港で43.0ミリ、平戸市で41.0ミリなど、激しい雨が観測されました。26日(木)の降り始めからの雨量は、長崎県の多い所ではすでに150ミリに達するなど、大雨となっています。

きょう27日(金)は、日本海の低気圧から延びる寒冷前線が九州へゆっくりと南下するため、活発な雨雲が九州北部から九州南部を通過する見込みです。

このため、九州はきょうの夕方まで雨が降る所が多く、九州北部は昼過ぎにかけて雷を伴い1時間に50ミリ以上と非常に激しい雨が降り、さらに雨量が増えるでしょう。九州南部も昼頃から夕方は雷を伴い局地的に激しい雨が降る見込みです。

発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。

今夜は雨が止む所が多くなるでしょう。

土砂災害に警戒

この大雨により、長崎県や佐賀県では地盤が緩み、土砂災害の危険が高くなっている所があります。午前10時現在で、佐賀県の唐津市には土砂災害警戒情報が発表されており、土砂災害の危険が高くなっています。今後も雨が続き、土砂災害がいつ発生してもおかしくない状況です。

崖の近くにお住まいの方などは、早めに少しでも安全な場所に避難するようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい