観測史上1位の暴風 青森県八戸市43.4メートル 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

観測史上1位の暴風 青森県八戸市43.4メートル

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


発達中の低気圧の影響で、北海道や東北を中心に暴風が吹き荒れています。最大瞬間風速は青森県八戸市で43.4メートル(9時12分)を観測し、観測史上1位の記録となりました。

吹き荒れる暴風

今日(20日)は、発達中の低気圧の影響で、北海道や東北を中心に風が強まり、大荒れの天気となっています。最大瞬間風速は青森県八戸市で43.4メートル(9時12分)を観測し、観測史上1位の記録となりました。福島県浪江町でも最大瞬間風速32.2メートル(8時14分)と3月の1位の値を更新しました。そのほか、北海道函館市で30.9メートル(5時21分)、静岡県石廊崎で30.0メートル(7時35分)、栃木県那須高原で29.5メートル(6時22分)と何かにつかまっていないと立っていられないような風が吹きました。

暴風に警戒を

東北は今夜遅くにかけて、北海道は明日(21日)明け方にかけて暴風に警戒が必要です。海上は大しけですので、高波にも警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい