17日 朝と日中の気温差大きい 夜は寒気流入 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 朝と日中の気温差大きい 夜は寒気流入

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


17日(火)は、真冬のような冷え込みになっている所も、日中は春の陽気になるでしょう。調節しやすい服装でお出かけ下さい。北陸付近では、夕方以降は竜巻などの突風に注意が必要です。

17日(火) 九州から関東を中心に日差したっぷり

17日(火)は、東シナ海の高気圧は、日本の南に中心を移す見込みです。日本海には低気圧が発生し、東へ進むでしょう。

沖縄、九州から関東にかけて、青空が広がる所が多い見込みです。北陸も午前中を中心に日差しが届くでしょう。午後は次第に雲が多くなる見込みです。東北や北海道は、日本海側を中心に雲が広がりやすいでしょう。本州付近は等圧線が混み合うため、西または南よりの風が強めに吹く所がある見込みです。

日本海側 夕方以降はカミナリ雲が発生

夜は、上空5500メートル付近でマイナス33度以下の寒気が東北付近に流れ込むでしょう。夕方以降は、本州の日本海側は大気の状態が不安定になる見込みです。

北陸、東北や北海道の日本海側は、夕方以降、雨や雪が降るでしょう。所々でカミナリが鳴り、強く降ることがある見込みです。山陰や近畿の日本海側も、夜はにわか雨や雷雨があるでしょう。特に注意が必要なのは、北陸付近です。雲が発達しやすく、急な強い雨や雪、落雷ばかりでなく、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降る恐れがあります。雷鳴が聞こえたり、空が光ったりするときは、建物の中など、安全な場所に移動してください。

予想気温 朝と日中の気温差15度以上も

けさ(17日)6時までの最低気温は、鳥取市マイナス0.6度、福井市マイナス1.1度、長野市マイナス5.2度など、九州から関東の内陸を中心に真冬並みの冷え込みになっています。

日中は気温がグンと上がるでしょう。最高気温は、きのう(16日)と同じくらいか高くなる所が多い見込みです。ほぼ平年並みの所が多く、九州や四国、中国地方では、15度を超える所が多いでしょう。九州から関東と北海道では、朝と日中の気温差が15度以上になる所がある見込みです。調節しやすい服装でお出かけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい