東北 寒冷前線通過中 気温降下で寒さ戻る 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東北 寒冷前線通過中 気温降下で寒さ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


13日(金)の東北地方は、南部を中心に季節先取りの暖かさとなっています。ただ、14日(土)からは寒さが戻るでしょう。寒暖差で体調を崩さないようお気を付けください。

14日(土) 南部中心に洗濯にはあいにくの天気

14日(土)は本州の南海上を東進する低気圧が、発達しながら関東の東海上に進むでしょう。東北地方は南部を中心に雲が広がる予想です。日中は雨や雪の降る所が多くなり、沿岸を中心に東よりの風が強まりそうです。低気圧は東北地方から遠いため、大雨や大雪はない見込みです。ただ、南部の山沿いでは雪の積もる所がありそうです。車を運転する際には路面状況にご注意ください。夜は西から高気圧に覆われるため、天気は回復する見込みです。

15日(日) 洗濯物は早めに取り込みましょう

15日(日)は、次の低気圧が日本海から東北地方に近づいてくるでしょう。日中は晴れる所が多い見込みですが、夜は雪や雨の降る所が多くなりそうです。また、この低気圧は上空に強い寒気を伴っているため、日本海側を中心に雷を伴って雪や雨の降り方が強まる所があるでしょう。落雷や突風、急な強い雪や雨などにお気をつけください。太平洋側でも山沿いや内陸を中心に雪の積もる所がありそうです。また、16日(月)は、一時的に冬型の気圧配置になり、西よりの風が強まるでしょう。交通機関の乱れることも考えられますので、最新の天気予報と交通情報を確認するようにしましょう。

気温差大 体調管理に気をつけましょう

13日(金)の13時までの最高気温は、きのうよりも高くなっている所が多く、15度以上の地点が161地点中51地点で、太平洋側南部を中心に桜の花芽も膨らむ暖かさになっています。ただ、暖かいのは13日(金)までとなりそうです。寒冷前線が通過すると冬の空気と入れ変わり、14日(土)の最高気温は13日(金)より大幅に下がる所が多いでしょう。この時期らしい寒さですが、13日(金)との気温差が大きいため、空気が一層冷たく感じられそうです。寒暖差で体調を崩さないように、暖かい服装と睡眠と栄養をしっかり取って免疫力を高めましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい