名古屋の空に虹 10日夜以降の東海地方の天気は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

名古屋の空に虹 10日夜以降の東海地方の天気は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


10日午後4時ごろ名古屋市内ではきれいに虹が見られました。

これは、西のほうから次第に晴れてきたためです。

まだ雨の残る東の空に太陽の光が当たり、虹がかかりました。

目をこらすと、幾重にも虹が重なっている様子も見られました。

今夜以降、東海地方は平野部を中心に天気が回復するでしょう。

10日夜の東海地方の天気

沿岸部では夜8時前後まで雨の残る所がありますが、天気は回復傾向でその後は次第に晴れ間が出るでしょう。

これまでの雨で地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害に注意してください。

また川の増水やうねりを伴う高波、高潮、落雷、突風などにも注意してください。

岐阜県では天気の回復は遅く、夜遅く日付の変わるころまで雨の残る所があるでしょう。

11日の東海地方の天気

平野部ではおおむね晴れる見込みです。

沿岸・海上では強風高波に注意してください。

山間部では雲が流れ込みやすく、雨や雪の降る所もあるでしょう。

11日の東海地方の気温

朝の最低気温は平野部で10度前後で、この時季としては暖かな朝が続くでしょう。

最高気温は平野部で15度前後の所が多くなる見込みです。

風が強めに吹くため、数字ほどの暖かさはないでしょう。

この先の東海地方の天気は?

晴れる日が多くなりますが、天気は短い周期で変わるでしょう。

14日土曜日は午前中を中心に雨が降る見通しです。

その後はこの時季にしては強い寒気が流れ込み、15日から16日にかけては山間部を中心に雪や雨の降る所があるでしょう。

気温は13日金曜日にかけては平年より高いですが、その後は平年並みか低い日が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい