週間 週前半は高温 次の週末は桜開花か 寒さ戻る? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 週前半は高温 次の週末は桜開花か 寒さ戻る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


11日(水)頃にかけて4月並みの気温が続く所があるでしょう。日本気象協会が5日(木)に発表した桜開花予想日は、東京と名古屋、岐阜で15日(日)です。ただ、週末は春本番の暖かさはなさそうです。

9日(月) 4月並みの気温 札幌で今年初めて10度超える予想

9日(月)は、本州付近は高気圧に覆われてきますが、関東の東の低気圧は動きが遅いでしょう。大陸から東シナ海には前線が延び、前線上に低気圧が発生する見込みです。

朝から青空が広がる所が多いでしょう。雲が広がる地域は、九州、関東、東北、北海道です。九州では、日中は薄い雲で、日が暮れる頃から雲は厚くなるでしょう。夜遅くは雨が降り出し、東または南よりの風がやや強く吹く所がある見込みです。関東は、厚い雲に覆われるでしょう。朝晩は、千葉県や茨城県を中心に雨雲がかかる見込みです。沿岸の地域では、北よりの風がやや強く吹くでしょう。東北は、太平洋側を中心に雲が広がり、午後はにわか雨がありそうです。北海道は、雲の切れ間から日の差す時間もあるでしょう。道東では、昼頃から一時的に雨の降る所がある見込みです。

最高気温は、4月並みの所が多いでしょう。札幌では、今年初めて10度を超える予想です。

10日(火)~11日(水) 春の嵐 今年最も高い気温に

10日(火)は、低気圧が日本海を発達しながら北東へ進むでしょう。九州から北海道は、雨が降る見込みです。長く降り続くことはありませんが、ザっと強く降ることがあるでしょう。南風が強まり、横殴りの雨になりそうです。最高気温は、4月並みの所が多いでしょう。

11日(水)は、低気圧は発達を続け、北海道付近を通り、オホーツク海まで進む見込みです。上空1500メートル付近でマイナス6度以下の寒気が北陸付近まで南下するでしょう。平地で雪の目安とされる寒気です。北海道は、次第に雪が降るでしょう。東北や北陸も雪や雨が降る見込みです。低気圧の発達の程度によっては、北海道や東北で、大荒れの恐れがあります。最高気温は、九州では平年並みの所が多い予想です。四国、中国地方から北海道は、4月並みの気温が続く所が多いでしょう。関東では20度くらいで、今年最も高くなりますが、冷たい北風が吹くでしょう。

12日(木)~15日(日) 週末は寒気南下

12日(木)は、高気圧が本州付近を東へ移動する見込みです。北海道から北陸の雪や雨、風は次第に収まるでしょう。晴れる所が多い見込みです。

13日(金)から15日(日)にかけては、日本付近を気圧の谷が通過し、寒気が流れ込むでしょう。11日に予想される寒気より強い寒気が流れ込む可能性があります。広く曇りや雨でしょう。北海道では雪になり、東北や北陸も雪の所がある見込みです。

桜 いよいよ開花か

最高気温は14日(土)にかけて、平年より高い所が多い見込みです。桜のつぼみも順調に膨らむでしょう。日本気象協会が5日(木)に発表した桜開花予想日は、東京と名古屋、岐阜で15日(日)です。いずれの地点も、15日に開花となれば過去最も早い記録です。15日(日)の最高気温は、平年並みか低くなる所が多いでしょう。春本番の暖かさの後で、少しヒンヤリ感じられるかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい