えりも岬30メートル超 爆弾低気圧で暴風に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

えりも岬30メートル超 爆弾低気圧で暴風に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう5日、急速に発達する低気圧の影響で全国的に風が強まっています。北海道のえりも岬では5日午前11時までに最大瞬間風速32.0メートルの非常に強い風が吹きました。あす6日にかけて、特に北日本や北陸では暴風や高波、猛吹雪や吹き溜まりに警戒してください。

太平洋側も風強まる

きょう5日、急速に発達する低気圧の影響で全国的に風が強まっています。5日午前11時までの最大瞬間風速は、北海道のえりも岬で32.0メートルと、非常に強い風が吹きました。また山形県酒田市の飛島で28.0メートル、石川県羽咋市で24.7メートルなどと、日本海側で風が強まっている他、静岡県石廊崎で24.1メートル、宮城県の仙台空港で23.7メートルなど、太平洋側でも風が強まっています。

猛吹雪や吹き溜まりにも警戒

あす6日にかけて、低気圧がさらに急速に発達する見込みです。特に北日本や北陸では非常に強い風が吹き、大しけとなる所がありそうです。あすにかけて北海道や北陸では最大瞬間風速35メートルが予想されています。何かにつかまっていられないほどの非常に強い風となり、これに雪を伴うと、視界が悪くなり、外を歩いたり、車の運転をするのは危険なほどになります。あすにかけて暴風や高波、さらに猛吹雪や吹き溜まりにも警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい