雨雲は次第に東へ 週末、影響を受けるのはどこ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雨雲は次第に東へ 週末、影響を受けるのはどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


うるう日の29日は、九州から東海で雨が降り、太平洋側を中心に雷や急な強い雨にも注意が必要です。1日も九州などの一部で雨が残るでしょう。

西から次第に雨 今夜は九州で本降りの雨

日本付近には、西から次第に前線が延びてきています。この前線の影響で、九州や中国・四国地方ではきょう(28日)昼頃から所々で弱い雨が降りはじめました。九州地方では、今夜は本降りの雨となるでしょう。

29日 雨雲は九州から東海へ 雷や強い雨にも注意

うるう日のあす29日朝には、前線上の低気圧が九州付近に達する見込みです。雨の範囲は次第に東へ広がり、昼前には近畿地方で、夕方になると東海地方でも雨が降り出すでしょう。なお、この前線や低気圧に伴う雨の範囲は太平洋側が中心となりそうです。この低気圧や前線に向かって、南からの暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に大気の状態が不安定になります。雷を伴って、強い雨の降るところもありそうです。九州や四国地方では、やや雨量が多くなるところもあるでしょう。急な強い雨や、突風などにも注意が必要です。山沿いでは雪になるところもありそうです。

また、関東地方南部の沿岸部では、午前中は雨が降るところもあるでしょう。

東北地方の日本海側では、日本海の別の低気圧が発達しながら近づくため、夜を中心に雨や雪となる見込みです。29日から1日にかけて、風もやや強まると予想されているため、大雪や風雪にも注意が必要です。

1日 一部地域で雨や雪が残るが、晴れ間のあるところも

そしていよいよあさってから3月がスタート。

1日、本州の南にあった低気圧と前線は、日本の東に抜けていきます。雨や雪のエリアが残るのは、九州と四国地方太平洋側の所々と、日本海上の低気圧の影響を受ける東北地方から北海道にかけての日本海側が中心と予想されています。それ以外の地域は雲が広がりやすいものの、晴れ間もあるでしょう。

この週末の雨や雪は、九州から東海地方の太平洋側と、東北地方から北海道の日本海側が中心となる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい