27日 寒の戻り 花粉大量飛散には注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日 寒の戻り 花粉大量飛散には注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像D

画像D


きょう(27日)は、本州付近は寒気にすっぽり覆われるでしょう。寒の戻りとなる所が多い見込みです。ただ、気温が低くても花粉の飛散にはご注意ください。

日本付近は冬型の気圧配置

きょう(27日)は、冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近の平地で雪を降らせる目安となるマイナス6度以下の寒気が、本州付近をすっぽり覆います。さらに北海道にはマイナス12度以下の強い寒気が流れ込むでしょう。

各地の天気

北海道は晴れる所が多いものの、日本海側を中心に雪が降るでしょう。東北は雲が多く、太平洋側でも雪の降る時間がありそうです。北陸は雪や雨が断続的に降るでしょう。関東甲信も大体晴れますが、沿岸部では午後は雨のぱらつく所がありそうです。関東北部の山沿いや長野県で所々で雪が降るでしょう。東海も晴れる所が多いですが、静岡県を中心に雨や雪の降る所がありそうです。近畿は北部を中心に雨や雪が降るでしょう。中国地方は雲が多く、午前中は雨や雪の降る所がありそうです。四国や九州南部は日差しがたっぷり届きますが、九州北部では午前中は所々で雨や雪が降るでしょう。夕方から次第に晴れそうです。

寒の戻り 北風も冷たい

きのう(26日)は、西日本では最高気温が20度前後まで上がり、今年一番の暖かさになった所もあったほどでしたが、きょうは一気に「寒の戻り」となる所が多いでしょう。最高気温は、関東では日差しが出る分、きのうよりは高いものの、風が冷たいでしょう。東海から九州はきのうより低くなりそうです。特に名古屋ではきのうより7度も低く、10度くらいまでしか上がらないでしょう。各地で北寄りの風が強まりますので、晴れていても一層寒く感じられそうです。

花粉飛散も注意

ただ、気温は低いものの、風が強く、空気が乾燥しますので、関東から九州を中心に花粉飛散には注意が必要です。特に、東海から九州では非常に多く飛ぶ所もありそうです。外出時にはマスクやメガネで予防を心がけ、外から帰ったら服についた花粉をよく払って、家に持ち込まないようにしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい