27日 日本海側は雪や雨 気温は全国的にダウン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

27日 日本海側は雪や雨 気温は全国的にダウン

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす(27日)は冬型の気圧配置となり、日本海側では雪や雨が降りやすく、太平洋側は晴れる所が多くなりそうです。気温はきょう(26日)より低くなる所が多く、北風が冷たいでしょう。

日本海側は雪や雨 太平洋側は晴れる所多い

あす(27日)は日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。北海道は日差しがありますが、日本海側では夕方以降は所々で雪が降るでしょう。東北は雲が多く、所々に雪雲がかかりそうです。カミナリが鳴る所もあるでしょう。北陸は断続的に雪や雨が降り、カミナリを伴って降り方が強まることもありそうです。関東から九州にかけては晴れる所が多いですが、近畿北部や山陰は朝まで雨や雪の降る所があるでしょう。沖縄は大体晴れる見込みです。

長野県では大雪のおそれ

長野県の北部山沿いと中野飯山地域では、あす(27日)昼すぎにかけて大雪となるおそれがあります。あす午後6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、中野飯山地域で40センチ、長野地域山沿いと大北地域山沿いで30センチ、上田地域の菅平周辺で20センチなどとなっています。また、平地でも5センチ程度の降雪となる所があります。大雪や路面の凍結による交通障害に注意・警戒が必要です。

全国的に気温ダウン

あす(27日)は、気温がきょう(26日)より低くなる所が多いでしょう。日中の最高気温は、札幌は1度、仙台は7度、東京は12度の予想です。名古屋は10度と、きょうより7度も低くなるでしょう。大阪は9度、福岡は13度、那覇は22度の予想です。

また、予想天気図をみると、あすは日本付近で等圧線が南北にのびて間隔が狭くなります。このため、全国的に北風がやや強めに吹く予想です。気温の数字よりも寒く感じられそうです。暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい