3か月予報 高温の春 桜の開花早く 早い半袖日和も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3か月予報 高温の春 桜の開花早く 早い半袖日和も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


3月から4月にかけて、平均気温は全国的に平年より高い傾向です。半袖が活躍する日が早いかもしれません。

「春一番」続々と 高温傾向の春へ

この冬は、冬型の気圧配置が続かず、全国的に寒気の影響を受けにくかったことが特徴です。2月の20日までの気温は、全国的に平年を上回りました。九州北部地方や四国地方、北陸地方、東海地方、関東地方で春一番を観測。季節は順調に春に向かっているとみられます。

きょう25日(火)に気象庁から発表された3月から5月の3か月予報によると、4月にかけて高温傾向です。

偏西風 日本付近で北へ蛇行

日本付近の上空には、偏西風と呼ばれる強い西風が吹いています。この北側に冷たい空気、南側に暖かい空気があります。

3月から5月にかけて、熱帯域の海面水温は、インド洋と日付変更線の西側を中心に平年より高く、これらの海域では、積乱雲の発生が多いでしょう。これらの影響で、偏西風はインドシナ半島の北で南へ蛇行し、日本付近で北へ蛇行する見込みです。日本付近は暖かい空気に覆われやすいでしょう。北からの寒気の南下は弱い見込みです。

3月 さっそく半袖日和も

3月は、例年は日本付近を高気圧と低気圧が交互に通過するようになりますが、北日本付近は、まだ冬型の気圧配置が続くことがあります。今年は北日本付近の冬型の気圧配置は続かないでしょう。北海道と東北の日本海側は、平年に比べて曇りや雪または雨の日が少ない見込みです。北海道と東北の太平洋側は、平年と同様に晴れの日が多く、関東から九州では、天気は短い周期で変わるでしょう。沖縄・奄美は、高気圧に覆われやすく、平年に比べて曇りや雨の日が少ない見込みです。

2020年の桜は記録的な早さで開花する所が多いでしょう。トップは福岡で3月16日で、東京では3月17日に開花する予想です。

「3月は、まだ冬の名残り」といいますが、平均気温は、北海道から九州は平年より高いでしょう。沖縄・奄美は平年並みか高い見込みです。

東京都心の3月の日最高気温の平年値は13.6度ですが、寒暖の差が大きく、20度を超える日がある時期です。2013年の3月10日は最高気温が25.3度になりました。今年は、半袖が活躍する日が早いかもしれません。

4月 高温傾向変わらず 汗ばむくらいの日も

4月は、春らしく、高気圧と低気圧が日本付近を通過する見込みです。全国的に天気は短い周期で変わるでしょう。

平均気温は、全国的に平年並みか高い見込みです。4月になると、札幌でも最高気温が10度に届かない日はぐっと少なくなります。東京都心では4月下旬になると25度以上の夏日になる日も珍しくありません。今年もゴールデンウイークが近づく頃は、汗ばむくらいの日がありそうです。

5月 一時的に寒気も

5月は、偏西風は、日本付近で南へ下がる傾向になる可能性があります。寒気の影響を受けることがあるでしょう。天気は、全国的に短い周期で変わる見込みです。

平均気温は、北海道から九州は、ほぼ平年並みでしょう。沖縄・奄美は平年並みか高い見込みです。

5月に入ると、日本海で低気圧が急速に発達し、メイストームと呼ばれる強い南風が吹くことがあります。また、上空に強い寒気が入り、降雹(ひょう)などの激しい現象がみられることがあります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい