週間天気 周期的な天気変化は春の典型 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 周期的な天気変化は春の典型

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


北海道や東北と北陸は、高気圧に覆われて晴れる日もあるが、低気圧や寒気の影響を受けやすいため雲が広がりやすい見込み。雪または雨の日がある。関東や東海から九州にかけては 、天気は4日くらいの周期で変わる。

25日 下り坂の所が多い

あす25日(火曜)は、沖縄や九州から東北で天気が下り坂になります。日本海に前線を伴う低気圧進んでくるためで、早い所では昼頃から、遅い所でも夜は雨になる見込みです。早くに雨が降りだすのは北陸で、夜にかけては東北南部から九州にかけての広い範囲で雨が降るでしょう。沖縄と九州では、低気圧に吹き込む湿った空気の流れ込みが強いため、大気の状態が不安定になり、雷のなる所がありそうです。また、岐阜県や長野県と関東北部それに東北南部では、標高の高い所を中心に雪まじりになります。九州から近畿にかけてや北陸の一部では西よりの風や南よりの風が強く吹く所があるでしょう。落雷や突風、それに短い時間に降る強い雨、強い風に注意が必要です。東北北部は、雲の多い天気でしょう。北海道は、日中晴れ間がありそうですが、夜は、北部の一部で雪が降る見込みです。

26日(水)から 天気は数日の周期で変化

26日は、前線を伴った低気圧が本州付近を通過して、寒気が流れ込む見込みです。沖縄と九州から関東では、晴れる所もありますが寒気の影響で雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。東北は、低気圧や前線の影響で雲が多く、雨や雪の降る所がありそうです。北海道は、晴れる所が多い見込みです。

27日以降も、沖縄は雲が多く、晴れ間の出る日があるでしょう。九州から関東は、晴れの日や曇りや雨の日が交互に現れることが多いでしょう。北陸や東北と北海道では、雪の降る日がある見込みです。

この先の気温 アップダウン 体調管理に気をつけて

最高気温と最低気温は、北海道から東北は平年並か低い予想ですが、今週は高くなる所があるでしょう。関東から北陸、東海は、平年並か高い予想ですが、今週は平年より低い所がある見込みです。近畿から九州と沖縄・奄美は平年並か高く、かなり高い所があるでしょう。

天気が周期的に変化するのは、春にはよくあることで「春の気圧配置の典型」ともいわれます。それとともに気温の変動(アップダウン)が大きいのも特徴です。今年は暖冬傾向で、気温にも季節先取りの感が強色濃くなっています。体調を崩しがちなシーズンですからご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい