18日 山陰から北陸は大雪続く 全国的に風が強い 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

18日 山陰から北陸は大雪続く 全国的に風が強い

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう(18日)も山陰から北陸は大雪が続きます。東海は山沿いを中心に大雪となり、平野部ではうっすら積もる所も。全国的に風が強く吹いて、体にこたえる寒さに。

日本海側を中心に大雪

けさ(18日)にかけては、上空5500メートル付近でマイナス33度以下という強い寒気が西日本まで流れ込み、九州や四国、山陰などで大雪となりました。

18日午前5時現在の積雪は、鳥取県大山町の大山で72センチ、広島県北広島町八幡は39センチとなっています。

九州と四国では大雪のピークは越えましたが、山陰から北陸では、きょう(18日)の夕方にかけては、大雪が続きそうです。また東海も岐阜県の山や三重県の北中部を中心に大雪となり、平野部でも積もる所がありそうです。あまり雪に慣れていない地域で大雪になる可能性があります。車のスリップ事故や、バイク・自転車の転倒などには注意が必要です。

東北と北海道は日本海側を中心に雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。猛吹雪や吹きだまりで、見通しがきかなくなりそうです。交通機関への影響や車の運転など、十分に注意をなさって下さい。

晴れる関東も、寒気の影響で日中も空気が冷たいままでしょう。

引き続き 暴風や高波に警戒

冬型の気圧配置が強まるため、暴風や高波にも警戒が必要です。今後予想される雪、風、波の予想です。

【降雪量(多い所)】あす19日午前6時にかけて

近畿 40センチ

東海 30センチ

北陸、中国地方 25センチ

四国、九州南部 5センチ

【最大風速(最大瞬間風速)】きょう18日

北海道 23メートル(35メートル)

東北 20メートル(30メートル)

【波の高さ】きょう18日

北海道、東北、北陸 6メートル

寒気と季節風で寒い

最高気温はきのうと同じか低い所が多いでしょう。

沖縄や九州から東海は、真冬並みの寒さの所が多いでしょう。九州は天気が回復しても、厳しい寒さが続きそうです。

関東、北陸、東北はきのうより5度前後低い所が多く、寒いでしょう。関東は10度を超える所もありますが、冷たい北よりの風の影響で気温よりも寒く感じられそうです。

北海道はきのうと同じくらいで、札幌はプラスの予想です。ただ、日中の気温の上がり方は鈍く、朝からあまり気温は上がらないでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい