寒気ピークへ 日本海側の雪強まる 関東も冷たい風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒気ピークへ 日本海側の雪強まる 関東も冷たい風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


日本付近に西回りで流れ込んでいる寒気のピークは、18日(火)朝にかけて。山陰から北陸付近では雷が鳴り、雪が強まるでしょう。関東も冷たい西または北風が吹く見込みです。

18日(火)にかけて 山陰付近に強い寒気南下

18日(火)朝にかけて、日本海北部の低気圧は津軽海峡付近に進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まります。上空5500メートル付近で-33度以下の寒気が山陰付近まで南下するでしょう。松江の上空でマイナス33度以下となれば、今季最も強い寒気です。山陰から北陸にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

九州や四国 雪雲の流れ込み続く

九州には、東シナ海から雪雲の流れ込みが続き、雪雲は四国にもかかるでしょう。九州北部では17日夜遅くにかけて、雪を伴った暴風に警戒が必要です。沿岸の地域を中心に瞬間的に30メートルの風が予想されます。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。

九州や四国では、18日明け方にかけて雪が降る見込みです。カミナリが鳴り、雪の降り方が強まる所もあるでしょう。平地でも積雪となる所がある見込みです。積雪や凍結で、路面状況が変わります。車の運転は冬の装備を必ず行ってください。

18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、九州北部地方20センチ、九州南部10センチ、四国地方25センチです。

山陰~北陸 雪雲発達 竜巻など突風の恐れも

中国地方、近畿、北陸では、18日にかけて大雪の恐れがあります。特に山陰や近畿北部、北陸では、日本海で発達した雪雲がかかる見込みです。カミナリが鳴り、雪の降り方が強まることがあるでしょう。竜巻など激しい突風が発生する恐れもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など安全な場所に移動してください。

18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、中国地方40センチ、近畿地方50センチ、北陸地方60センチです。北陸地方では18日にかけて瞬間的に30メートルの風が予想されます。

雪雲は東海にも 平地でも積雪か

18日朝にかけて雪雲は、東海にもかかるでしょう。岐阜県の山地や三重県の北中部を中心に大雪となり、普段、雪の積もることが少ない平地でも積雪となる所がある見込みです。雪による交通機関の乱れなどが予想されます。朝の通勤、通学などは、時間に余裕を持った行動を心がけましょう。

東海地方の18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、40センチです。

東北は雪を伴った暴風 北海道は猛ふぶき

東北は、日本海側を中心に18日朝から夕方にかけて、暴風雪に警戒が必要です。瞬間的には、30メートルの風が予想されます。固定されていないプレハブ小屋が移動したり、転倒したりするほどの風です。車の運転は、ふぶきや吹きだまりにより、視界不良となり、危険な場合があります。

北海道は、18日昼過ぎにかけて、猛ふぶきとなるでしょう。瞬間的には30メートルから35メートルの風が予想されます。ビニールハウスのフィルムが広範囲に破れるほどの風です。猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響に警戒が必要です。

北海道地方の18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、30センチです。

関東 冷たい風

関東地方は、大体晴れる見込みです。北または西風がやや強く吹くでしょう。最高気温は、17日(月)より低くなる所が多く、風が冷たく感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい