週間 あすも積雪増 寒気は短期 週の後半は暖かく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 あすも積雪増 寒気は短期 週の後半は暖かく

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす18日も強い寒気が流れ込み、日本海側を中心に大雪に。冬型の気圧配置は長く続かず、強い寒気は一時的です。水曜日以降は晴れる日が多く、冬から春へ季節が進むのを感じられそうです。

あすも大雪や暴風に警戒

あす18日(火)にかけて、上空5500メートル付近でマイナス33度以下の強い寒気が西日本や東日本にも流れ込みます。ピークは18日の朝にかけてとみられ、普段あまり雪が降らない西日本(九州から近畿)の太平洋側でも雪の積もる可能性があります。

北陸や東北、北海道は雪が続きます。ふぶく所もあるでしょう。きょう降る雪に加えて、北陸の多い所では1メートルくらいの降雪が予想されています。全国的に風が強く、晴れる東海や関東も気温の上がり方は鈍く、寒くなりそうです。

【雪の予想(多い所)】あす18日午前6時から19日午前6時まで

北陸 30~50センチ

北海道、近畿 20~40センチ

中国地方 10~20センチ

水曜日以降は暖かな空気が流れ込む

19日(水)以降は高気圧と低気圧が本州付近を交互に通過。雪を降らせるような寒気は東北や北海道まで北上して、次第に暖かい空気が流れ込みます。22日(土)に低気圧が通過したあと、冬型の気圧配置に変わり寒気が流れ込みますが、一時的でしょう。

気温の傾向は「だんだん暖かく」。

三寒四温という言葉が当てはまりそうな、気温の変化になりそうです。寒暖差が大きい時期ですが、ひと雨ごとに春へと近づくでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい