あす(14日)九州~関東 雨マークなくても傘準備を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす(14日)九州~関東 雨マークなくても傘準備を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす(14日)は西日本・東日本の太平洋側の地域に雨雲がかかります。天気予報に「雨マーク」がなくても傘・雨具があると安心です。雨の降るタイミングをまとめました。

雨のエリアは西から東へ

あす(14日)は日本列島の南岸にのびる前線や低気圧の影響で、九州から関東にかけて、太平洋側を中心に雨が降る予想です。非常に激しい雨やまとまった雨量となる所はない見通しです。ただ、沖縄や奄美では暖かく湿った空気の影響で、カミナリを伴って激しく降る所もありそうです。これらの地域では、一時的ではありますが傘が役に立たないくらいの降り方となることもあるため、しっかりとした雨具の準備が必要です。

雨のエリアは、西から東へと移っていきます。雨の降りだすタイミングですが、九州では早い所では未明から、九州の広い範囲で午前中のうちから雨が降りはじめるでしょう。中国・四国地方は、昼ごろから雨雲がかかり始めるでしょう。近畿で雨が降りだすのは夜になってからの所が多いでしょう。帰宅時間と重なりそうですので、朝お出かけの際は折りたたみ傘をお持ちになってください。

東海・関東は雨マークなくても、夜遅く雨

雨のエリアは、夜遅くには東日本にも広がってきます。天気予報で雨マークがなくても注意が必要です。

東海は夜遅くになると雨が降りだすでしょう。関東も夜遅くになると雨雲がかかってきます。東日本で強い降り方となることはない見通しですが、お帰りが遅くなる方はカバンの中に雨具を入れておくとよいでしょう。雨に濡れてしまわないようお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい