南極で過去最も高い気温18.4度を観測 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

南極で過去最も高い気温18.4度を観測

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


南極大陸で、グリニッジ標準時の6日に、過去最高となる18.4度を観測しました。南極大陸で、グリニッジ標準時の6日に、過去最高となる18.4度を観測しました。観測した場所は、アルゼンチンのエスペランサ基地です。

世界気象機関(WMO)によると、暖かい風が山を越えて吹きおりるフェーン現象が影響していると分析しています。南極は、1400万平方キロメートル(オーストラリアの約2倍)で、寒く風が強く乾燥しています。年間平均気温は、沿岸部の約-10度から内陸部の-60度で、今回観測された気温は、これまでの2015年に観測された17.5度の記録を破り、新しい記録とのことです。

(参考)一連の報道では、観測史上最も高い気温として18.3度としていますが、これはグリニッジ標準時6日15時の観測値です。最高気温の記録としては最終的に18.4度が報告されています。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい