10日 北陸は落雷・ひょう注意 太平洋側で雨や雪も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

10日 北陸は落雷・ひょう注意 太平洋側で雨や雪も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう10日は北陸地方を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。太平洋側は晴れ間の出る所が多いですが、雨や雪の降る所もありそうです。最高気温はきのうと同じくらいか高い所が多いでしょう。ただ、寒さ対策は万全をしてお出かけください。

北陸では大気の状態が不安定に

きょう10日は日本海にある低気圧が北陸地方へ進むでしょう。上空5500メートル付近にはマイナス36度以下の寒気が流れ込む見込みです。北陸地方を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。太平洋側でも雨や雪の降る所がありそうです。

<各地の天気>

北海道と東北は日本海側で雪が降りやすい見込みです。太平洋側は晴れ間が出ますが、雪雲の流れ込む所もありそうです。北陸は次第に雪や雨が降り、局地的に雷を伴うでしょう。関東と東海は晴れ間もありますが、雲が多いでしょう。沿岸部では午前中を中心に雨や雪の降る所がありそうです。近畿から九州は高気圧に覆われて太平洋側を中心に大体晴れるでしょう。ただ、近畿北部や山陰など日本海側は雨や雪が降り、雷を伴う所がありそうです。沖縄は広く晴れるでしょう。

今朝 四国でも氷が張るほどの冷え込みに

今朝も冷え込みが強まり、今シーズン一番の冷え込みを更新した所が多くなっています。徳島や高知などでは今シーズンはじめて冬日(最低気温が0度未満)となり、徳島では初氷を観測しました。1925年の統計開始以来最も遅い初氷です。

最高気温 きのうと同じくらいか高い

最高気温は、きのうと同じくらいか高いでしょう。北海道はきのうに続き、全道的に真冬日となりそうです。東北は真冬日から解放される所が多いでしょう。北陸はこの時期らしい寒さになりそうです。関東は10度に届かず、真冬並みの寒さが続くでしょう。東海と近畿、中国地方は10度前後、四国や九州は10度以上の所が多く、日差しの温もりを感じられそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい