西日本で「初雪」ラッシュ 今季一番の積雪も続々と 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西日本で「初雪」ラッシュ 今季一番の積雪も続々と

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


6日木曜は、西日本から次々と「初雪」の便りが届きました。富山や札幌など、東・北日本も所々で今季一番の積雪になりました。

立春の後に 西日本で次々と「初雪」を観測

4日に立春を迎え、暦の上では春となりましたが、まだまだ冬の便りです。6日は、今季最強寒気の影響で、北日本や東日本だけでなく、西日本にも所々に雪雲がかかっています。徳島市や高松市、和歌山市、広島市から「初雪」の便りが届きました。いずれも平年より50日前後遅い観測です。(今シーズンから、初雪は自動観測になり、平年値が変わっています。)

また、松江市や兵庫県豊岡市の積雪は、今シーズン初めて、10センチを超えました。

東・北日本でも 今シーズン一番の大雪に

一方、東日本や北日本でも、所々で、今シーズン1番の積雪となりました。午前9時までの最深積雪は、富山市で15センチ、秋田市で17センチ、札幌市で79センチと、いずれも今シーズン一番の大雪となりました。

また、短い時間に雪がどんどん降り積もり、12時間降雪量は、新潟県妙高市は6日2時までに65センチ、秋田県横手市は6時までに38センチと、いずれも2月としては観測史上1位でした。

急に雪が積もった所は、雪崩や屋根から落ちる雪に、十分な注意が必要です。雪が積もった道路は路面が凍結するだけでなく、道幅が狭くなりますので、車の運転はいつも以上に慎重にして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい