この冬最強の寒気 大雪のピークや寒さの底は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

この冬最強の寒気 大雪のピークや寒さの底は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


この冬、最強の寒気が流入中。大雪のピークは今夜(5日)から明日(6日)の午前中にかけてです。北海道は暴風雪に警戒。本州の日本海側でも所々でこの冬一番の大雪となるでしょう。太平洋側も厳しい寒さに。寒さの底は7日(金)の朝で、この冬一番の冷え込みの所もあるでしょう。

この冬最強の寒気

今日(5日)、日本海側から強い寒気が流れ込んできています。上の図は上空1500メートル付近の寒気の予想です。本州付近は平地でも雪を降らせる目安であるマイナス6度以下の寒気にすっぽりと覆われるでしょう。寒気の底は今夜(5日)から明日(6日)明け方にかけてで、東北の上空1500メートル付近にはマイナス18度以下の寒気が入る予想です。これは、この冬、最強の寒気というだけでなく、数年に一度レベルの強い寒気です。関東の上空の寒気の底は明日(6日)夜でマイナス13度以下とこちらもこの冬一番の強い寒気が入るでしょう。

大雪のピークは?

大雪のピークは今夜(5日)から明日(6日)の午前中にかけてです。北海道の日本海側から山陰にかけて広く雪が降るでしょう。北海道を中心に風も強まり、猛吹雪に警戒が必要です。東北、北陸、関東北部の山間部や長野県でも雪が強まり、所々でこの冬一番の大雪となる予想です。近畿北部から山陰の平地でも雪が降り、山沿いでは積雪が急増するでしょう。交通機関への影響に注意、警戒が必要です。これまで積雪のなかった地域でも急に積雪となりますので、車の運転は十分にご注意下さい。晴れる太平洋側の地域も北風が強まるでしょう。

明日(6日)18時までの24時間に降る雪の量はいずれも多い所で、北海道や東北で50センチ、北陸や関東甲信で60センチの予想です。

その後、週末にかけても、北海道の日本海側から北陸は断続的に雪が降り、さらに積雪が増えそうです。

寒さの底は?

明日(6日)朝は冷え込みが強まるでしょう。明日(6日)朝の最低気温は北海道の内陸部ではマイナス25度くらいまで下がる所がありそうです。東北でもマイナス5度くらいまで下がり、関東から中国地方、四国でも1度くらいまで下がる所が多いでしょう。日中も気温の上がり方は鈍くなりそうです。最高気温は北海道や東北北部ではマイナスの気温の所が多いでしょう。関東から中国地方でも6度前後と真冬並みの寒さとなりそうです。東京都心の最高気温は5度と今季一番低いでしょう。

寒さの底は7日(金)の朝で、全国のアメダスのうち冬日(最低気温が0度未満)地点数は8割以上となるでしょう。名古屋市や大阪市などではこの冬一番の冷え込みとなりそうです。日中も真冬並みの寒さが続き、万全な寒さ対策が必要になりそうです。

8日(土)以降も北海道や東北、北陸では厳しい寒さが続きますが、関東から西では寒さが和らぐでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい