強烈な寒気 ピークは木曜日頃に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強烈な寒気 ピークは木曜日頃に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


5日(水)から6日(木)にかけて強烈な寒気が日本付近に南下してくる見通しです。日本海側では大雪のおそれがあり、晴れる太平洋側も厳しい寒さでしょう。

歴代記録に並ぶ

4日(火)は24節気の一つ「立春」を迎え、暦の上では春が始まります。ようやく寒さの峠を越える頃になりますが、今シーズンは暦に反して強烈な寒気が南下してきそうです。

5日(水)は冬型の気圧配置になって、6日(木)には上空1500メートル付近にマイナス18度以下の寒気が東北北部まで南下する見通しです。秋田の上空ではマイナス18度以下の寒気が予想され、これまでの歴代記録に並ぶくらいの強烈な寒気となりそうです。大雪となるおそれがありますので、気象情報をこまめに確認して下さい。

また、降水があれば平地でも雪になる目安のマイナス6度以下の寒気が本州の南まで南下してくる見込みです。今回の寒気も長居はしない見通しですが、全国的に超真冬並みとなりそうです。

大雪のおそれ

日本海側は雪や雨の降る所が多く、5日(水)から6日(木)にかけて北海道と東北を中心に大雪となるおそれがあります。今年、雪のあまり降っていない地域でも一気に積もる所があるでしょう。スキー場など、なだれに注意が必要です。寒気のピークは6日(木)頃になるでしょう。

晴れる太平洋側も6日(木)は気温があまり上がらず、冷たい風も強まりそうです。東京都心では7日(金)は寒気と放射冷却が強まる影響で、朝は氷が張るほどの冷え込みになりそうです。ようやく「初氷」の便りが届くかもしれません。

※この先一週間、太平洋側では晴れる日が多く、空気の乾燥する日も増えそうです。インフルエンザなどのウィルスが繁殖しやすい環境が続きますので、特に人の多い場所に行く際は、マスクをするなどの対策を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい