週間 これまでとは違う 震えるような寒さ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 これまでとは違う 震えるような寒さ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす3日(月・節分)は、北日本付近を低気圧や前線が通過。あさって4日(火・立春)には、暦に反して、北から今季最強レベルの寒気が入ってくる。関東では、6日(木)から7日(金)は真冬の寒さになるので、風邪やインフルエンザなどにかからないように細心の注意を。

あす3日 節分までは わりと暖かい

あす3日(月・節分)は、北日本付近を低気圧や前線が通過し、北からこの冬一番の寒気が入ってきます。関東は寒気の影響が遅れるため、あすは、まだ日差しの温もりを感じることができるでしょう。日中の最高気温は、きょう2日(日)と同じくらいで、13度から14度の予想です。3月中旬から下旬頃の暖かさが続きそうです。ただ、夜はヒンヤリしてきますので、豆まきをされる方は、暖かい服装でなさってください。

あさって4日 立春以降は 冬にゆっくり戻る

あさって4日(火)は立春で、暦の上では春の始まりです。でも、暦に反して、冬にゆっくり逆戻りしそうです。

あさって4日(火)と5日(水)の最高気温は11度前後で、まだ平年よりは少し高い予想です。ただ、この週末と比べると空気は冷たく感じられるでしょう。6日(木)になると、東京都心でも最高気温は8度、7日(金)は7度の予想で、ひと桁になってしまいそうです。また、朝の最低気温は6日と7日は、東京都心で1度の予想。もしかすると、初氷が観測される可能性があるかもしれません(これまでの最晩は1月13日)。

今週後半は、これまでとは違った寒さになりますので、体調管理にはいつも以上に注意する必要があります。外から帰ったら、手洗いやうがいを心がけましょう。また、入浴で体をしっかりと温め、睡眠はできるだけたくさん取った方が良さそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい