「立春」後に寒さがピーク!体調管理万全に! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「立春」後に寒さがピーク!体調管理万全に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


暦では冬が間もなく終わりますが、身をすくめるほどの寒さはこれからやってきます。体調管理にはご注意を!

立春が過ぎてようやく厳寒

記録的な大暖冬ともいわれるこの冬も暦の上ではあと数日余り。4日火曜日には立春、春を迎えます。ただ、寒さにはまだ油断できません。上図は去年2019年までの30年間、東京都心で年間の最も低い気温を観測した日を旬別にまとめたものです。最も多かったのは1月の中旬でも下旬でもなく、全体の30パーセントを占めた「2月上旬」でした。一年で最も寒い時期が暦の上では1月下旬から2月3日節分までとされていますが、この10年は立春以降に年間で最も低い気温を観測しています。(2010年、2012年、2015年、2019年)

予想最高気温

主要都市の向こう一週間の最高気温です。暖かさはトーンダウンし、来週は中ごろをピークに気温が低くなります。5日水曜日は札幌でマイナス5度までしか上がらず、今シーズン一番の寒さが予想されます。6日木曜日と7日金曜日は東日本や西日本でも10度に届かないところが多くなり、東京の予想はいずれも7度。昼間でも凍える寒さになりそうです。このところ春を思わせる暖かさが目立っていたので、来週の寒さは一層身体に堪えるレベルといえそうです。

◆2月に入り、入学受験が本格化するなど受験生にとってより大事な時期を迎えました。寒暖差が大きくなり、体調を崩してしまわないよう、マスクの着用や着脱しやすい服装を持ち込むなど万全の態勢で挑みましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい