今夜は「月面X」出現!? カノープスも観察チャンス 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今夜は「月面X」出現!? カノープスも観察チャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


月面に「X」の文字が浮かび上がる現象が、2020年では今日(1日)が最も条件の良い観察ができると予想されています。天体望遠鏡が必要ですが、今夜は太平洋側を中心に広く晴れて観察に良さそうです。また、2月は寿命が延びるという言い伝えもあるカノープスを観察するチャンス。カノープスは肉眼でも見られます。

「月面X」

上の写真はりくべつ宇宙地球科学館(銀河の森天文台)で2015年に撮影されたものです。月面にアルファベットの「X」の文字が見えています。これは、上弦のころの月に地形と太陽光が織りなす現象で、この月面に「X」の文字が浮かび上がる現象は、年に数回程度しかないとのことです。2020年では今日(1日)が最も条件の良い観察ができると予想されています。時間は20時前後で見られるのは1時間程度。観察には天体望遠鏡が必要ですが、望遠鏡があれば、スマートフォンやデジカメでも撮影が可能とのことです。

カノープスも見るチャンス

また、2月はカノープスを観察するチャンスです。カノープスとは全天で2番目に明るい星(恒星)で、中国ではカノープスを「南極老人星(なんきょくろうじんせい)」と呼んで、この星を見ると寿命が延びるという言い伝えもあるそうです。日本の多くの地域でカノープスの南中高度は低く、見つけにくい星ですが、2月は夜更け前にカノープスが南中し、観察するチャンス。肉眼で見えますので、南の低空が開けた場所で、探してみると良さそうです。

カノープスの今日(1日)の南中時刻は東京は21時21分、京都は21時37分、福岡は21時58分、那覇は22時9分です。南の空低く、見えている時間は短いのでチャンスを逃さないようにして下さい。

気になる天気は?

気になる今夜の天気は?

【北海道・東北・北陸】日本海側は雲が多く、観察にはあいにくの天気です。太平洋側は晴れる所が多いですが、東北はにわか雨や雪がありそうです。

【関東~九州、沖縄】広く晴れて、観察のチャンスです。夜間は冷え込みますので、マフラーや手袋なども使って、万全な寒さ対策をして観察して下さい。

月面「X」は今夜が観察のチャンスですが、カノープスは2月中は探しやすい状態が続きます。太平洋側を中心に晴れる日が多いので、南の低空が開けた場所に行った際は是非探してみて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい