正午の気温 大幅ダウン 東京で17.6メートルの風 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

正午の気温 大幅ダウン 東京で17.6メートルの風

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今日(31日)の関東の正午の気温は、昨日(30日)より大幅にダウン。東京都心は11.5度と昨日より4.4度低くなっています。東京都心で17.6メートルの最大瞬間風速を観測するなど、冷たい北よりの風が吹き付けています。

正午の気温は大幅ダウン 北風が強く

今日は冬型の気圧配置になっています。季節外れの暖かさが続いた関東も今日は寒くなっています。正午の気温は東京都心は11.5度と昨日より4.4度低くなりました。横浜市は昨日より5.7度低い10.4度、熊谷市では昨日より5.1度低い11.2度と、空気が冷たく感じられます。

また、北よりの風も強まっており、最大瞬間風速は東京都心で17.6メートル(11時14分)、千葉市で16.7メートル(11時7分)、熊谷市で15.5メートル(11時42分)を観測しました。

このあとも北風のやや強い状態が続くでしょう。関東地方は強風注意報のでている地域が多くなっています。車の運転は横風に流されないよういつも以上に慎重になさって下さい。冷たい北風が身に沁みて、いっそう寒く感じられそうです。しっかりと寒さ対策をしてお過ごし下さい。

空気冷たく

この先、2月5日(水)頃までは東京都心の最高気温は12度前後で経過するでしょう。昨日(30日)のような季節外れの暖かさはなさそうです。6日(木)からは最高気温が10度に届かず、一桁の気温に。日中も震えるような寒さになりそうです。最低気温も3度くらいまで下がる日が多く、冷えるでしょう。体調を崩さないよう暖かくしてお過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい