松江で直径6ミリの「ひょう」を観測 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松江で直径6ミリの「ひょう」を観測

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう30日午後4時23分、松江で直径6ミリのひょうを観測しました。

松江で直径6ミリのひょう

きょう30日、上空に強い寒気が流れ込んでいる影響で、西日本を中心に大気の状態が不安定になっています。本州の日本海側や九州南部の所々に発達した雨雲や雷雲がかかり、雨脚の強まっている所があります。松江では午後4時23分に直径6ミリのひょうを観測しました。

雷注意報発表中

午後5時現在、北陸や西日本には雷注意報の発表されている所があります。今夜遅くにかけても落雷や突風、ひょう、急な強い雨に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい