あすは冬の様相 天気や気温の変化から目が離せない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あすは冬の様相 天気や気温の変化から目が離せない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう30日も、ぽかぽか陽気だった関東。1月も最終日になって、ガラッと天気の傾向が変わりそうです。

あすは冬型 雪や寒さで冬らしく

あす31日は動きの遅い低気圧が北海道の東へ離れ、日本付近は冬型の気圧配置に。今週は季節外れの大雨や暖かさになった所も、ようやく冬らしくなりそうです。日本海側は雪が降り、太平洋側は冬晴れの一日でしょう。

あす31日は、北海道では大雪が続きますが、降るエリアが変わります。きょうは太平洋側の東部やオホーツク海側で湿った雪が降りましたが、あすは冬らしく日本海側で雪の降り方が強まるでしょう。猛吹雪や吹きだまりで、見通しがきかなくなることも考えられます。

また上空1500メートル付近には、平地で雪の目安となる強い寒気(マイナス6度以下)が四国付近まで南下する予想です。このため、西日本でも山沿いは雪の降る所もあるでしょう。

関東はグッと寒く

日中は、真冬らしい寒さの所が多くなるでしょう。特にきょうとの気温差が大きいのが「関東」です。

きょうの東京都心の最高気温は17.5度と、4月上旬並みでした。ちょうど桜が満開になる頃の暖かさでしたが、あすは一転して北風の冷たい一日になりそうです。日中の気温は10度くらいまでしか上がらず、体に堪える気温差でしょう。こまめに手洗いやうがいなどをして、体調を崩さないようにしましょう。

暖冬とはいえ 強烈な寒気

きょう30日に発表された1か月予報によると、2月も沖縄と九州から関東、北陸にかけては、暖冬傾向が続きそうです。とはいえ、一時的に強い寒気が流れ込むでしょう。来週火曜日・2月4日は立春ですが、2月3日から5日頃にかけては、日本列島に強烈な寒気が流れこみそうです。

北海道・札幌市の上空1500メートル付近にはマイナス20度以下の強烈な寒気が流れ込むでしょう。関東や山陰に流れ込む寒気は、平地で降れば雪になるような冷たい空気です。西日本ではまだ初雪が観測されていない所でも雪が降るかもしれません。暦の上では春という段階になって、全国的に今シーズンこれまでで最強の寒気。大雪や寒さに対応するためにも、最新の天気予報を確認して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい