九州 大気不安定 落雷や突風、ひょうの恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

九州 大気不安定 落雷や突風、ひょうの恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう30日(木)は、九州の上空に非常に強い寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になっています。九州の周辺には雨雲が発生し、午前中は東シナ海側や対馬海峡沿岸を中心に所々で雨が降りました。今夜遅くにかけて九州の各地で発達した雨雲の下での落雷や急な強い雨、突風、さらに、雹(ひょう)が降る恐れもあります。天気の急な変化に十分注意して下さい。

夜遅くにかけて天気の急な変化に注意

きょう30日(木)は、九州上空に非常に強い寒気が流れ込んでいます。午前9時の福岡上空およそ5400メートル付近の気温は氷点下32.1度まで下がっています。このため、きょうの九州は大気の状態が非常に不安定になっています。

きょうの午後も九州は急に雨が降るなど、変わりやすい天気となるでしょう。今夜遅くにかけて局地的に雨雲が発達し、急な強い雨や落雷、ひょう、突風の恐れがありますので、十分に注意してください。また、標高の高い山は雪が降る恐れもあります。

あすにかけても風が冷たい

あす31日(金)は、大気の不安定な状態は解消する見込みです。ただ、あす31日(金)にかけても気温がやや低く、寒さが続きそうです。

あすは対馬海峡沿岸や東シナ海側を中心に寒気に伴う雲が広がり、冷たい雨や標高の高い所は雪がちらつく所があるでしょう。また、あすも九州北部を中心に最高気温が10度前後の所が多く、風が冷たくなります。暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい