天体ショー 日の入り後の西の空 月が金星に接近 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天体ショー 日の入り後の西の空 月が金星に接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


冬の天体ショー。こんや(29日)まで、金星に近づいた月を見ることができます。日の入りの1時間後くらいに西の方角の空を眺めてみてください。

日の入り後 月が金星に接近

きのう(28日)は西の空で月が金星に接近しました。こんや(29日)も、天体ショーを楽しむことができそうです。日の入り後、西の方角が開けた場所で観察をしてみましょう。日の入りの約1時間後には、金星の左上の位置に月が見えるでしょう。きょう(1月29日)の東京の日の入り時刻は、午後5時5分です。金星と月が近づく午後6時すぎに空を見上げて、金星と細い月の共演を楽しんでみてください。

気になる天気は

あすにかけて、前線を伴った低気圧が、発達しながら三陸沖を北上するでしょう。また、日本海の別の低気圧が北日本を通過する見通しです。

こんやは、北日本では雪や雨が降り、太平洋側では風が強まって荒れた天気となるでしょう。東日本と西日本は、日本海側は曇りや雨の所が多く、観測にはあいにくの天気となりそうです。一方、太平洋側の地域は晴れる所が多く、観測に良い天気でしょう。ただ、九州は気圧の谷の影響を受けるため、曇りや雨となりそうです。沖縄も雲に覆われそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい