九州 急な雷雨注意 標高が高い山は積雪の所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 急な雷雨注意 標高が高い山は積雪の所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう29日(水)からあす30日(木)にかけて、上空に強い寒気が流れ込むため、九州は大気の状態が非常に不安定です。急な強い雨や落雷、突風など、天気の急な変化にご注意ください。九州の標高が高い山では積雪に注意が必要です。

天気の急な変化注意

きょう29日(水)は、東シナ海や対馬海峡付近に雨雲が発生しており、九州に雨雲が流れ込んできています。

あす30日(木)にかけて冬型の気圧配置で、上空5400メートル付近にマイナス30度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。このため、九州は大気の状態が非常に不安定で、あすにかけて局地的に発達した雨雲がかかるでしょう。

どんよりとした黒い雲が近づいてくる、雷の音がゴロゴロ聞こえるなどした場合は、急な強い雨や落雷、突風などに十分ご注意ください。

標高が高い山は積雪の所も

寒気が流れ込むため、九州の山地では雪となるでしょう。大分県など標高が高い山は、きょう29日(水)夜からあす30日(木)にかけて雪が数センチ積もる所がある見込みです。

車で峠越えを予定されている方は、タイヤチェーンを装備するなど、車の運転に注意が必要です。

平地でも一時的にあられが降る可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい