28日 暴風・高波に警戒 東海や関東は激しい雨も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

28日 暴風・高波に警戒 東海や関東は激しい雨も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


きょう(28日)は動きの遅い低気圧の影響で、九州から北海道の広い範囲で風が強く吹くでしょう。暴風や高波に警戒が必要です。また発達した雨雲が東海や関東にもかかり、沿岸部は激しい雨の降る所も。

広い範囲で強風・暴風に

低気圧は四国の南から東海付近へ。動きが遅く、雨や雪が長く降り続いています。また夜には日本海に別の低気圧が発生して、あすにかけて発達するでしょう。

日本付近は等圧線の間隔が狭く、九州から北海道の広い範囲で風が強く吹くでしょう。太平洋側は非常に強く吹いて、海上は大しけの所も。引き続き、暴風や高波に警戒して下さい。

【風の予想(あすにかけて)】最大風速(最大瞬間風速)

東海 23メートル(35メートル)

四国、中国、北陸、伊豆諸島、東北、北海道 20メートル(30メートル)

【波の予想(あすにかけて)】

四国、近畿、東海、関東、東北 6メートル

九州北部、伊豆諸島、北海道 5メートル

関東 雪のあとは雨の降り方に注意

九州や四国の大雨のピーク過ぎましたが、急な雨や雷雨には注意が必要です。またこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に警戒して下さい。

中国地方は昼ごろまで、近畿は夕方まで雨の降る所が多いでしょう。雷を伴って雨脚が強まることもありそうです。

東海の山沿いや関東甲信は、大雪になった所があり、路面の凍結などに注意が必要です。日中は雪の所も次第に雨に変わりますが、沿岸部を中心に発達した雨雲がかかりそうです。東海は昼過ぎにかけて、関東は夜に雷雨や激しい雨の降る所があるでしょう。風が強いため、横なぐりの雨や傘が役に立たない可能性もあります。

東北南部は雪や雨が降り、次第に夕方以降は広い範囲で雪や雨が降り、あすにかけて雨量が多くなりそうです。

西日本は気温上昇 関東は極寒

日中の気温は、地域によって大きな差が出そうです。

沖縄:きのうより低いですが、平年並みでしょう。

九州から東海、北陸:最高気温はきのうより高く、3月並みの所が多いでしょう。天気が回復に向かって、日差しが戻る九州南部や四国はポカポカと感じられるくらいです。

関東:厳しい寒さが続きます。最高気温は5度から8度くらいで、気温の上がり方は鈍いでしょう。しっかり防寒対策をなさって下さい。

東北:きのうと同じくらいでしょう。冷たい雨や雪が降り、風が通る場所などは気温以上に寒く感じられるかもしれません。

北海道:きのうと同じか低い見込みです。札幌はプラスに気温ですが、日中も氷点下の冷え込みの所が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい