大雪情報 関東南部で降雪10cm 23区内で2cm 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大雪情報 関東南部で降雪10cm 23区内で2cm

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


明日(28日)18時までの24時間に予想される降雪量は多い所で関東南部の平野部で10センチ、北部の平野部で25センチ、山沿いで40センチです。南部の平野部でも数センチの積雪となり、山沿いではふくらはぎほどの雪が積もる恐れも。大雪だけでなく、明日(28日)夜は大雨にも警戒が必要です。

明日(28日)朝にかけて大雪の恐れ

今日(27日)午後5時現在、東京都の多摩地方や山梨県の河口湖など雪の降りだしている所があります。

今夜は低気圧や寒気の影響で広い範囲で雪が降るでしょう。明日(28日)朝にかけてが雪のピークです。山沿いでは大雪となり、平野部でも積雪となるでしょう。明日(28日)朝は交通機関への影響に注意が必要です。

明日(28日)18時までの24時間に予想される雪の降る量は多い所で、関東地方北部の山沿いで40センチ、甲信地方で30センチ、関東地方北部の平野部で25センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて25センチ、関東地方南部の平野部で10センチ、東京23区で2センチです。

関東の山沿いや山梨県、長野県では大人のふくらはぎくらい、関東地方北部の平野部では大人のくるぶしくらい、関東地方南部の平野部でも数センチの積雪となる所があるでしょう。23区内でもうっすら白くなる所がありそうです。

予想より気温が低くなった場合には、東京23区内でも大雪となる恐れがあります。最新の気象情報にご注意下さい。明日(28日)朝は早めに起きて、外の状況や交通情報を確認しましょう。車は冬の装備で、雪道での運転に慣れていない場合はバスなど公共交通機関を使うようにして下さい。また、湿った重たい雪が降ると電線に着雪し、停電が発生することがあります。停電に備えて、懐中電灯を用意したり、暖房器具が使えなくなることがありますので、暖をとるものを準備しておくと安心です。

明日(28日)夜は大雨の恐れ

明日(28日)の日中には平野部では雨に変わる所が多いですが、油断はできません。明日(28日)夜から明後日(29日)の午前中にかけて活発な雨雲がかかるでしょう。暖気が流れ込み、降るものは雨ですが、関東南部を中心に雨脚が強まり、激しい雨の降る所もありそうです。平年の1月ひと月分に匹敵するような大雨になる所もあるでしょう。大雪のあとは大雨にも警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい