札幌 少雪記録続く 1月は史上4位の少なさか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

札幌 少雪記録続く 1月は史上4位の少なさか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


札幌では今月の降雪量が、今日(26日)午後6時までの時点で79センチと、1月の平年の約4割にとどまっています。

この先も月末にかけて大雪はなさそうで、1月の降雪量としては記録的な少なさとなりそうです。

今日午後6時時点で史上4位

札幌では今月20日に一日26センチの雪が降り、積雪が一気に増えましたが、他に今月に入ってから一日10センチ以上を記録した日はなく、今月の降雪量は今日(26日)午後6時の時点で合計79センチ。1月としては記録的に降雪量は少なくなっています。

昨年までの記録で1月の降雪量が最も少なかったのは1997年で、わずか35センチ。次いで1989年54センチ、2002年71センチ、1983年88センチとなっており、今月は今の所、1月の降雪量としては1953年の統計開始以来、4番目に少ない記録となっています。

また、札幌は12月の降雪量も歴代7位、35年ぶりの少なさとなっていたため、1月にかけての降雪量も今日午後6時時点で177センチと歴代3位の少ない記録となっています。

このまま降雪量は増えない見込み

明日(27日)以降の札幌は、28日火曜日にかけて割合晴れて、その後は雲が広がりやすくなります。しかし、雪は29日水曜日に降るくらいで、その他の日は天気の大きな崩れはないでしょう。また、その水曜日の雪も特に量が多くなることはない見込みで、今月の札幌の降雪量は、このまま記録的な少なさとなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい