26日 北は冬型 南は梅雨のような気圧配置 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

26日 北は冬型 南は梅雨のような気圧配置

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


26日(日)は、北海道は冬型の気圧配置で多くの所が真冬日。関東から九州と沖縄は、菜種梅雨のころのような気圧配置で、最高気温は3月並みの所が多い。沖縄は非常に激しい雨や雷雨の所も。

26日 全国の天気 冬型と菜種梅雨

26日は、本州や九州の南に前線が停滞し、大陸から高気圧の張り出す北海道は冬型の気圧配置です。真冬のこの時期になっても寒気の南下は北海道から東北北部にとどまりそうです。

沖縄や奄美は、前線の南側に位置し前線に向かって湿った南風が次々に流れ込む見込みです。大気の状態が非常に不安定になっているため、雨が降りやすい一日です。沖縄本島地方では、昼過ぎから明日朝にかけて1時間に30ミリの激しい雨が、宮古島や石垣島などの先島諸島では夕方から明日未明にかけて、1時間に70ミリの非常に激しい雨の降る所があると予想されています。また、明日の朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、沖縄本島地方が80ミリ、先島諸島では100ミリです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に、ご注意ください。「ゴロゴロと雷の音がする」「急に涼しい風が吹く」「昼間なのにあたりが急に暗くなった」・・これらは発達した積乱雲の近づくサインです。こんなときは、すぐに頑丈な建物内に移動するなどあなたの身の安全確保に努めましょう。

九州や四国の太平洋側は、曇りで朝晩雨が降るでしょう。四国の瀬戸内側と中国地方は、朝は雨の降る所がありますが、日中は曇り空の見込みです。山陰では薄日が差すことがありそうです。近畿の雨は午前中にやんで、昼頃からは曇り空でしょう。北陸は朝晩雲が多めですが、日中は晴れそうです。東海は午前中雨の降る所が多く、静岡県内の標高が高い所は雪が降る見込みです。関東甲信は、午後は晴れる所がありますが、午前中は長野県南部から山梨県、関東南部で雨や雪の降る所があるでしょう。山越えのドライブをご予定の方は、冬装備のうえ慎重な運転をなさってください。東北は、南部や太平洋側ほど晴れますが、青森県内では雪の降る所がありそうです。北海道は、太平洋側やオホーツク海側で晴れますが、日本海側で雲が多く、北部を中心に雪が降りやすいでしょう。夕方からは、ふぶく所もある見込みです。

26日 全国の気温 真冬日と夏日

26日の最高気温は、北と南で30度くらい差が開きそうです。

北海道は軒並み0度未満の真冬日で、道南でプラス1度前後の所がある予想です。札幌は3日連続の真冬日になりそうです。東北は、北部で5度以下、南部でも5~8度くらいの所がほとんどです。関東甲信は、高い所でも10度で、東京や横浜など関東南部は10度未満の震える寒さでしょう。東海や北陸、近畿、中国、四国、九州北部は、10度を少し超える所がありますが、日差しが少ないため寒く感じられる一日です。九州南部は15度くらいまで上がる所がありそうです。晴れればポカポカ陽気ですが、日差しはほとんどありません。沖縄や奄美は、前線の南側で4月並みの陽気。25度以上の夏日の所もありますが、雨が降るためムシ暑さを感じる方もあるでしょう。

26日 めざせ気象予報士 第53回試験

きょう1月26日は、通算53回目の気象予報士の試験日です。1994(平成6)年8月28日の第1回試験以来、各回約3千人から5千人。のべにして22万人余りが受験し、合格者の総計は約1万1千人になっています。合格率は5%ほどですが、学歴や年齢に制限のない国家資格です。北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県を会場に、「大気の構造や熱力学、気象現象や気候変動、気象業務法などの法規などを問う一般知識」と「観測成果の利用、数値予報と短期・中期・長期の予報や局地予報、気象災害などに関する専門知識」さらに「実技試験」が実施されます。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい