真冬と春が混在 5月中旬並みの気温も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真冬と春が混在 5月中旬並みの気温も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


きょう23日は、西日本や北日本を中心に広く3月から4月並みの気温となりました。九州では5月中旬並みの所も。一方で、東海や関東では寒中らしい寒さになりました。

西は3月から4月並みに 5月中旬並みも

一年で最も寒くなる「寒中」の時期ですが、きょう23日は、西日本や北日本を中心に季節外れの気温の所が多くなりました。九州や四国など西日本では最高気温が20度前後まで上がった所が多く、3月から4月並みの春のような暖かさとなりました。また、宮崎県延岡市では23.9度まで上がり、5月中旬並みの気温になりました。また宮崎県小林市で20.6度、愛媛県大洲市で20.4度などと、九州や四国で統計開始以来、1月としては最も高い気温となった所がありました。名瀬では25.8度と、1月としては2008年1月12日以来、12年ぶりの夏日となりました。東北や北海道でも多くの所で3月並みでした。(最高気温は午後4時までの値です。)

一方で、東海や関東では最高気温が10度に届かず、寒中らしく、真冬の寒さとなった所が多くなりました。

関東もあすは気温アップ 広く3月並みに

きょう23日は真冬の寒さだった関東は、あす24日はきょうよりも気温が上がり、最高気温は各地で10度を超えるでしょう。3月並みの所が多くなりそうです。ただ、日差しが少ないため、気温よりも寒く感じられるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい