週間 曇りや雨が続く 西ほど強い暖気流入 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 曇りや雨が続く 西ほど強い暖気流入

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす22日(水)は、東海や関東は貴重な日差し。この先は低気圧や前線の影響で、九州から関東は曇りや雨の日が続きそうです。西の地域ほど、季節外れの暖かい空気が流れ込むでしょう。

雨の範囲 近畿まで広がる

あす22日(水)は高気圧の中心が東の海上へ離れ、夜には前線を伴った低気圧が九州に近づくでしょう。

九州北部の早い所では昼頃から雨が降りそうです。次第に雨雲は東へと広がり、夜は四国や近畿でも所々で雨が降るでしょう。きょうは日差しが暖かく感じられますが、あすの最高気温は10度くらいと寒くなりそうです。

東海と関東、北陸は、午前中は日差しがありますが、次第に雲が広がるでしょう。雨が降ったとしても、夜に千葉などの沿岸部でにわか雨があるくらいですが、天気はゆっくり下り坂です。

東北と北海道は、日中雲が多く、夜は日本海側で雪や雨の降る所があるでしょう。

低気圧が南を通れば 太平洋側で雪も

来週にかけて、本州付近を低気圧が次々と通過するでしょう。九州から関東では曇りや雨の日が続きそうです。西日本(九州から近畿)ほど季節外れの暖かい空気が流れ込むでしょう。特に23日(木)から26日(日)頃は、西日本の上空1500メートル付近にはゴールデンウィーク頃の暖気が流れ込みます。ただ雨が降るため、春本番の陽気になるわけではありませんが、最高気温は15度前後と1月下旬としては高い気温でしょう。

一方、関東は低気圧が本州の南を進むと強い寒気を引き込んで、先週土曜日のように関東甲信で再び雪になる可能性があります。今のところ26日(日)から28日(火)は雨の予想ですが、山沿いを中心に雪の降る所もあり、厳しい寒さでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい