週間 寒さは限定的 雨でも15度超えの所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 寒さは限定的 雨でも15度超えの所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


冬型の気圧配置は一時的で、厳しい寒さは続きません。木曜日頃からは低気圧や前線の影響で、ぐずついた天気になるでしょう。暖かい空気が流れ込むため、西日本を中心に雨でも気温が15度を超える所も。

あす 冬型緩む 日本海側の雪弱まる

あす21日(火)は、冬型の気圧配置になりますが一時的です。次第に日本付近は高気圧に覆われるでしょう。

北海道と東北は午前中を中心に雪が降り、ふぶく所があるでしょう。一気に積雪が増える所がありますので、見通しの悪化や路面の凍結などにご注意下さい。ただ、午後は降り方が弱まる見込みです。

北陸は断続的に雨や雪が降るでしょう。雷を伴って、局地的に降り方が強まりそうです。

関東から九州の太平洋側は晴れますが、北よりの風が冷たく感じられるでしょう。近畿北部や山陰は雲が多く、所々で雨や雪が降りそうです。

沖縄は日中晴れて、3月並みの陽気になるでしょう。

週の後半はぐずついた天気に

22日(水)は高気圧に覆われますが、午後は高気圧の中心が東の海上へ移ります。大陸から前線がのびてきて、西から天気が下り坂です。

23日(木)以降は本州付近に前線が停滞して、南から暖かく湿った空気が流れこみます。九州から関東、北陸は曇りや雨のぐずついた天気でしょう。一方で、北海道付近には金曜日頃から寒気が流れ込みます。雪が降り、最高気温が氷点下となる真冬日の所が多くなりそうです。

1月下旬というと、1年のうちで一番寒い時期にあたりますが、強い寒気の流れ込みは北海道や東北のみ。北陸や関東は、暖かい空気と冷たい空気がせめぎあい、日ごとの寒暖差が大きくなりそうです。近畿から九州、沖縄はこの時期としては気温の高い状態が続き、雨でも最高気温は15度を超えるような日もあるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい