週間予報 「大寒」でも暖冬 真冬なのに冬らしくない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 「大寒」でも暖冬 真冬なのに冬らしくない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


18日は朝まで関東で雪の降る所があり、交通機関の乱れや、路面の凍結に注意。19日以降は、日本海側を中心に雪や雨が降りそう。20日は「大寒」で、暦の上では一年で最も寒い頃ですが、来週にかけては全国的に気温が平年より高い予想です。

18日土曜 関東甲信は朝まで雪 西から次の雨雲が

18日土曜は、関東甲信では、朝まで雪や雨の降る所が多いでしょう。山梨県や関東の山沿いを中心に、積雪となる所がありそうです。ただ、低気圧の発達具合やコースによっては、予想よりも降水量が多くなることも考えられ、気温が低くなった場合は、関東の平野部でも積雪のエリアが広がるでしょう。お出かけの方は、少し早めに起きて、最新の気象情報や交通情報を確認して下さい。

一方、西からは、気圧の谷が近づくでしょう。このため、九州では、雨や雷雨の所がありそうです。雨は降ったとしても、比較的短い時間ですが、お出かけには傘をご用意下さい。山陰から北陸も、所々で雨や雪が降るでしょう。

最高気温は、関東では極端に低いでしょう。東京の最高気温は「これまでで今シーズン一番低い」気温になる可能性があります。昼間も、一番暖かい服装で、お出かけ下さい。

19日日曜~20日月曜「大寒」 日本海側で雨や雪ですが

19日日曜は、本州の日本海側では、所々で雨が降るでしょう。北海道や、東北から九州にかけての太平洋側は、晴れ間のでる所が多くなりそうです。関東も日差しがあって、お洗濯におススメです。

ただ、朝は冷え込んで、関東から九州では、最低気温が2度前後の所が多いでしょう。大学入試センター試験など、お出かけの方は、万全な寒さ対策が必要です。

20日月曜は、日本海側で、雨や雪の範囲が広がるでしょう。二十四節気の「大寒」で、暦の上では一年で最も寒い頃ですが、この冬は、暦通りにはいきません。冬型の気圧配置になっても、長続きしないでしょう。

さらに、16日に気象庁が発表した「1か月予報」によりますと、24日金曜日にかけては、全国的に平均気温が平年より高い予想です。さらに、西日本や東日本では、2月に入っても平均気温は平年より高いままでしょう。東京都心では、1月17日現在、初氷が観測されていないなど、この冬は「記録的な暖冬」になっていますが、この先も、全国的に「真冬なのに、冬らしくない」天気や気温が続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい