17日 太平洋側は冷たい雨や雪 関東甲信も一部で雪 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

17日 太平洋側は冷たい雨や雪 関東甲信も一部で雪

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


西日本の太平洋側にかかっている雨雲や雪雲は、東日本へ進んで、山沿いでは雪の積もる所も。交通機関の乱れや、路面の凍結に注意。

17日 天気のポイント

17日の朝は、九州や四国など、西日本の太平洋側で、広く雨が降っています。この雨を降らせているのが、午前3時に沖縄付近にある「南岸低気圧」。この南岸低気圧が、今夜にかけて東へ進むため、雨の範囲は、西日本から東日本の太平洋側へ広がるでしょう。

そして、天気のポイントは「普段、あまり雪の降らない太平洋側で、雪の降る所がある」ということです。低気圧が進むにつれで、上空の寒気を引き込むので、西日本や東日本の太平洋側では、標高の高い所を中心に、雪が降りそうです。特に、関東甲信など、降り出しが夜になる所では、気温の低い時間なので、冷たい雨が雪に変わる可能性が高くなっています。18日の朝にかけては、峠道などで道路が凍結する恐れもありますので、車の運転などは、十分な注意が必要です。

一方、北日本は、日本海側を中心に、雪やふぶきの所もありますが、天気はゆっくり回復へ向かい、午後は止んでくるでしょう。北日本の太平洋側では日差しがでそうです。

17日 気温のポイント

17日の最高気温は、北日本は16日と同じくらいでしょう。東日本と西日本の太平洋側では10度くらいで、気温のポイントは「西日本や東日本の太平洋側では、昼間も寒中らしい寒さ」ということです。日差しの暖かさもなく、雨や雪が降る所では、一段と寒く感じられるでしょう。傘を持つ手が冷たく感じられますので、手袋もあると良さそうです。体調を崩さないよう、しっかり着込んで、お出かけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい