寒中の九州 春本番の暖かさの所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒中の九州 春本番の暖かさの所も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州は、寒中とは思えない季節外れの暖かさとなっており、福岡県宗像市など1月の気温としては最も高い記録を更新している所があります。九州は今夜にかけても暖かいですが、あす8日は冬の寒さが戻ってきます。

季節外れの暖かさ

午後3時までの最高気温は、福岡県宗像市は20.4度、大分県宇佐市院内は21.8度、熊本県水俣市は21.4度、鹿児島市喜入(きいれ)は23.3度まで上昇。いずれも4月下旬並みの気温で、このうち、宗像市と宇佐市院内は1月としては観測開始以来最も高い記録を更新しました。この記録的な暖かさの原因は、黄海に発生した低気圧に向かって流れ込んでいる、暖かい南風です。低気圧は今夜にかけて急速に発達しながら朝鮮半島へ進むため、九州ではこのあと南風が一段と強まってきます。このため山越えのフェーン現象も加わり、今夜も気温が高い状態が続きます。

一転、あす8日は寒くなる

低気圧から延びる寒冷前線が通過したあと、あす8日は冬型気圧配置に変わり、急速に気温が低下します。あす8日はきょうと比べると大きく気温が下がり、冷たい風も吹いて冬の寒さが戻ってきますので、体調の管理に十分ご注意下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい