週間 影響長引く寒波 5日頃は再び冬の嵐か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 影響長引く寒波 5日頃は再び冬の嵐か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


年越しをした寒波の影響が1週間くらい続きそうです。お正月休みの終わりとなる5日頃は、再び強い冬型の気圧配置に。

正月休み 残りどうなる

日本付近は強弱はありますが、5日(日)にかけて冬型の気圧配置が続くでしょう。お正月休みの期間は寒気が居座りそうです。

【天気の傾向】

あす2日(木)は、北海道や東北では雪が降るでしょう。昼前にかけては、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、暴風に警戒が必要です。午後は雪の降り方が弱まり、東北はやむ見込みです。

4日(土)は気圧の谷が通過後、次第に強い冬型の気圧配置に変わるでしょう。5日(日)にかけて北海道や東北は日本海側を中心に雪が降り、荒れた天気になる可能性があります。帰省ラッシュに重なる時期です。最新の交通情報などを確認して下さい。

一方、北海道から九州の太平洋側と沖縄は晴れて、空気がカラカラの状態になりそうです。火の元には十分お気をつけ下さい。

【気温の傾向】

全国的に冬の冷たい空気に包まれて、お正月らしく寒い日が多いでしょう。3日は冬型の気圧配置が緩んで、関東から九州の晴れる所では日差しの温もりを感じられそうです。

次に寒気が南下するのは5日(日)頃。関東付近まで、平地で雪の目安(上空1500メートル付近で氷点下6度以下)となる強い寒気が流れ込みそうです。晴れる太平洋側も日中の気温は上がらず、東北南部は5度くらい、関東から九州では10度くらいの所が多く、厳しい寒さになるでしょう。

来週前半 天気の変化が早い

仕事始めは全国的に寒く、天気は日替わりに。

6日(月)の仕事始めは、太平洋側の地域は広い範囲で晴れる見込みです。寒気の影響が残り、日差しがあっても厳しい寒さになるでしょう。一方、日本海側は雪や雨が降りそうです。

ただ天気の移り変わりは早く、7日(火)には低気圧が近づき、九州から東海でも雲が増え、雨の降る所があるでしょう。

8日(水)は九州から東北南部の広い範囲で冷たい雨、内陸や山では雪になるでしょう。東北北部や北海道も雪の降る所がありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい