週間 年越し寒波 暴風で大荒れ 交通機関へ影響も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 年越し寒波 暴風で大荒れ 交通機関へ影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


あす31日・大晦日は強烈寒波がやってきます。元日にかけて日本海側では暴風や猛吹雪で大荒れとなりそうです。交通機関に影響が出る可能性もありますので、年末年始の移動の際はご注意ください。

日本海側で大荒れに

あす31日・大晦日は日本海側を中心に大荒れの天気となりそうです。前線を伴った低気圧が大晦日の朝にかけて急速に発達しながら日本海から北東に進む見込みです。冬型の気圧配置が強まり、夜には強烈な寒波が流れ込むでしょう。上空1500メートル付近で、北海道から東北付近にはー12度以下の寒気が流れこみます。また中国地方にもー6度以下という平地で雪が降る目安の寒気が流れこむ見込みです。そのため、北海道から東北の日本海側と北陸から山陰にかけて雪が降り、風が強まるでしょう。暴風や猛吹雪で大荒れとなりそうです。

交通機関に影響が出るおそれも

31日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道23メートル(35メートル)、東北18メートル(30メートル)、1月1日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方 20から24メートル(30から40メートル)です。何かにつかまっていないと立っていられないほどの非常い強い風が吹くでしょう。暴風に警戒が必要です。さらに雪を伴うと、猛吹雪や吹き溜まりで車の立ち往生が発生したり、飛行機や鉄道など交通機関に影響が出たりする可能性があります。外出を予定されている方は、事前に交通機関からの情報や気象情報をチェックしてからお出かけください。

大晦日から元日にかけて寒暖差が大きい

一方、太平洋側は大晦日からお正月にかけて晴れる所が多いですが、気温の変化が大きいでしょう。大晦日の日中は関東を中心に気温が上がり、最高気温は20度近くまで上がる所もあるでしょう。大晦日とは思えないほど季節外れの暖かさですが、午後は急激に気温が下がってきます。年越しのイベントや初詣、初日の出を見にお出かけされる方は万全な寒さ対策が必要です。

お正月も冬型の気圧配置続く

この先も冬型の気圧配置が続きそうです。北海道と東北の日本海側と北陸はこれまで平年よりも少なかった雪の量を挽回するかのように、しばらく雪マークが続くでしょう。一方、太平洋側は晴れてこの時期らしい寒さが続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい